Excelで数値を時間として計算する方法

 備忘録

 Excelで数値が入ったセルを時間として、日付時刻の入ったセルと足したい時は、TIME()を使う。
 TIME(時,分,秒)となっているので、時刻の入ったセルを A2、数値が入ったセルを B2とした場合、
=A2 + TIME(B2, 0, 0)
となる。
 分・秒も位置が変わるだけ。

 これって、無条件ってわけではないことがわかった。

 どうも扱える時間が「00:00:00~23:59:59」のようだ。
 どうせなら、150分とか、99時間とか計算できれば、かなり使い物になる関数だったのだが。
 勿論、ただの 150分は、計算できる。02:30:00だからだ。
 23:150:00は計算できない。23:59:59を超えるから。
 非常に残念だ。

 「99時間」を日付に足すにはどうすれば良いかなあ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック