ネットブックは安いか?

 ネットブックと言われるPCが出てきてからしばらく経ったが、ネットブックの値段の絶対値そのものは安くないと思う。

 デスクトップPCとノートPCの直接比較ができないのと同じで、ネットブックとノートブックの直接比較はできない。
 結局はどの点に付加価値があるのか、どこにお金を払うのか、ということだ。

 ノートブックとネットブックを並べてみれば一目瞭然だが、まず、画面の大きさ・解像度が違う。この時点で、液晶の価格は変わるだろうし、GPUの処理能力の選定も変わるだろう。
 他にも、CPUは違うし、チップセットも違うし。
 メモリやハードディスク・シリコンディスクなんかを同じにしたら、もろにCPUとチップセットと画面とGPUの分安くなるのではないか?消費電力が少ない分、バッテリー容量も減らせば、バッテリーの分も安くなる。後はどれだけ同じ部品を量産するかだ。

 こう単純に考えてみても、ノートブックとネットブックは比較できないし、ネットブック自体が「安い」とも思えない。
 僕はネットブックに付加価値を見いだせないので、全然「割安」とは感じられない。
 まあ、DELLのマシンが「安い!」と売ってても、良く見るとスペックが必要最低限も満たしてなかったり。そんな感じだ。

 まあだから、つまりはだ、値段で棲み分けせずに、機能的にネットブックの領域を考えて、棲み分けするように考えた方が良いのではないかと思うのだ。メーカーはそんな風にしてるかな?

 バッテリーの保ちだとか、サイズ・重さとか、通常のノートブックでは実現不可能な点はあるだろうに。

 僕は性能を求めるから、ネットブックでは駄目なのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック