Excel2007のグラフは困りもの

 Excel2007になって、いろいろ良いことが増えたと思うのだけど、グラフに関しては悪くなったというか怪しい挙動。


1.グラフの作成位置が嫌
 今までのグラフウィザードに変わって、いきなりグラフができてしまうようになったのが困った点だが、セルを範囲選択した後に挿入したら今表示されている位置にグラフが作成されるようになった。
 前の場合は、選択開始位置に作成された。
 まあ、どちらが良いかというと一概には言えないが、今までに慣れきってしまっているので、かなり戸惑う。
 前の場合でも、選択開始位置をデータの途中などにしていると、何処に作成されたか探すの面倒だったりしたのだが(セル位置を憶えてなかったりした時)、今回は逆なので、グラフを置きたい場所を選択終了位置にしなければいけないのは、結構面倒だと感じる。
 どうせなら、作成時に1つダイアログ出して、「選択開始位置」「現在位置」とか選べたらいいのに。
 ウィザードが無くなったのは、かなり不便だ。どんなグラフを作るかをプレビュー見ながらできたのに、今は先に作られるから変更も面倒。
 更に、グラフ機能はそのほかの機能に比べて異常に遅いときたら、Excel2003までの方がストレス感じなかったかも。


2.不具合?うちだけ?OSのせい?
 グラフを作ったりした時に、多くの点数、つまり、グラフで使用できる32000点を超えるぐらいのデータ量をグラフにすると(32000点ぴったりでも)、グラフの描画が異常に遅くなるのだが、まあ、これは当たり前といえば当たり前かもしれない。自分でグラフルーチンを作っても32000点も描画したら遅くなる。
 困るのは再描画が終わらない場合があることだ。
 多分、再描画が遅いので、再描画中に再描画が呼ばれてしまったりするので、イベントキューに溜まりまくって、再描画が呼ばれ続けてしまうのだろうとは思う。
 確かに、自分で作っても、ここら辺は悩ましいところだ。僕の場合は、とりあえず完璧は諦めて、再描画中に再描画イベントが発生したら無視する、という消極的な策を取った。ついでに、他のスレッドに影響が少ないように、別途タイマーイベントによって再描画が起動するようにしたり。
 もしかすると、何時間かおいておけば復帰するのかもしれないが、待てないので、「閉じる」ボタンを押しておく。再描画が繰り返されているので、「閉じる」ボタンもいつ押されたことになるのかわからないが、フリーズしたわけではないので、いつかは押されたことになるので、なんとか終了はできる。が、間違って保存してしまった時に、次に読み込んだら同じ現象が発生したので、やはりグラフ処理がおかしいのかと思ったりもする。結局、選択してDELキーで削除ってのをやっておいて、いつかはそのキューが処理されて復帰するかなと思うことにする。たいてい、いつになるかわからないので、保存していない限り「閉じる」ボタンで閉じて「保存しない」にしているけどね。


 グラフ機能は、結構 Excelでは重要な機能なので、もっと安定して使えるようにして欲しいね。
 32000点という限界を設けているのだから、そこまではもっと高速に動いて欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

SP2
2009年11月25日 18:01
「異常に遅い」のはサービスパックで改善されると思います。それでも2003までと比較すると遅いですが。
2009年11月25日 21:47
 それが改善されてないんですよ。
 SP2と現状の WindowsUpdateは全てあててるんで、普通にアップデートした場合の最新になっているはずです。
 会社のノートPCが非力なせいもあるんでしょうが、2003だと「重っ!」だったのが、2007だと「返ってこない」となる。
 2007は計算処理は速くなったんですけどねえ。
 32000点以上の double値をフルに使ってるからかな?

この記事へのトラックバック