続 回転式本棚

前の話はここ

 さて、もう1つの回転式本棚は、コープで買った奴。送料とか考えると値段は同じぐらいだったので、コープでも買ってみたのだ。

 結論から言うと、基本的には同じ。全て木工用ボンドでの貼り付け。
 こっちの方が底の回転部の板は、まあ少しはマシだった。

 でも、構造は同じなので、棚板部と側板部の間は浮く。
 ダボ(と言うらしい)が外れるのも一緒。あれは両側とも木工用ボンドをつけなければ駄目なんじゃないのか?
 仮組みならあれで良いんだけど、やっぱり木ねじはいると思うよ。

 まあね。3段ボックスでよくあるのだが、木ねじと合板の相性はそんなに良くない。特に合板の出来が悪いときは。ぎりぎりの耐久性に作ってあったりするようだしねえ。バラさないのが前提だし。

 とりあえず、現在は積んでいるマンガの本を整理中。1つの棚に9~11冊で4方向だから36~44冊、棚が7段なので252~308冊、計算上はそんなところだろうか。
 まだ全然片付かないので、やっぱり高さの高い本棚を壁にたくさん付けなければどうしようもないような気もしてきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック