いつでもどこでも仕事ができるのは良いね


 こんな話。

 同意する。

 いつでもどこでも仕事ができるってのは、自分のペースで仕事ができるって事だ。
 いつ集中して、いつ休んで、そういう緩急のペースが自由って事だ。

 僕の場合、とにかく邪魔されるのがストレスだ。
 目標を定め、突き進んでいる最中に、横槍を入れられる。それがうっとうしい。
 もちろん、それが必要な場合もあるが、「なにも今でなくてもいいだろ?」「何故僕に聞く?」「自分でできないのか?」という事も多い。
 自分が暇だからって、周りでうろちょろされるのもうっとうしい。

 僕らの仕事に限らず、基本的に頭脳労働である場合、いつでもどこでも仕事はできる。
 もちろん、誰かと打ち合わせが必要だとか、その装置がなければ話が進まないとか、そういう場合はその都合に合わせる。
 しかし、それ以外の場合は、たとえ打ち合わせでもメール等の通信で済む場合は、そこに存在していなければいけない理由はない。

 まあ、とにかく、僕は今の仕事が好きだ。というか、この仕事が好きで始めて、今でも好きだ。
 仕事の内容が好きだから、公私は区別していない。俗に言う趣味と実益である。
 もちろん、家族との時間もあるが、「父親」であるだけではなく、「システムエンジニアの父親」であるのだ。いつでもどこでもシステムエンジニアである。「システムエンジニアの夫」「システムエンジニアの父親」「システムエンジニアのおじさん」何でもありだ。

 たぶん、この仕事でストレスの溜まる奴は、この仕事が好きではないのだろう。仕事だからしている、そう考えているのだろう。公私が全く違うなんて、僕には考えられない。
 それはあんたこの仕事に向いてないんじゃない?と思えてしまう。
 まあ、僕も20年近くこの仕事をしてきたが、今後も同じ気持ちでいられるかどうかはわからないが、今の調子でいけば、同じ気持ちを持ち続けられると思う。仕事は20年近くだけど、アマチュアの頃を考えると30年は経つからなあ。今、違う職種に就いたら、ストレス溜まる可能性大。(^_^;

 とにかく、考える職人であるこの仕事は、いつでもどこでも仕事ができることはメリットになり、デメリットは少ないと思う。
 ストレスが溜まる奴は、とりあえず今の仕事の良いところを探して、そのためにやっているって事で自分を納得させてみるのは1つの手かもね。僕はそんな奴とは一緒に仕事はしたくないがな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック