止まると死ぬんかい!!

 好きなんだねえ。抜け道とかショートカットとか。

 平気で狭い道を抜け道にして、信号の無い脇道から飛び出してくる。
 平気で他人の敷地内に入り、そのまま飛び出していく。

 信号機のある交差点ほど、曲がる時に安全な交差点はない。
 脇道や信号機のないところは、基本的に安全ではないので、十分注意しなければいけない。
 どうも信号で止まりたくないようだ。信号を避けたいと思っているようだ。バカ野郎だ。
 バカの見本と言えば、普通の町中の道路では、信号機は結構設置してある。数十メートル毎に設置してある場所も多い。100メートルぐらいも。また、大きな道路の信号は同期している場合が多い。つまり、目の前の信号をパスしても次の信号では引っ掛かるのだ。しかも数十メートルしか変わらない。時間にして数秒だ。それでも、数十メートル手前で次の信号が黄色に変わるとアクセルを踏む。ほとんど赤の状態で交差点に突っ込む。バカ野郎だ。

 脇道から飛び出してくる奴は、他人にブレーキを踏ませてでも飛び出してくる。
 どうも、速度がわからないようだ。
 十分余裕があるのに躊躇したり、全く余裕がないのに飛び出してきたり。
 相手の速度がわかってなくて、自分の速度もわかってなくて、次の瞬間にどうなるかがわかっていない。
 そもそもそんなことは考えていないのだろう。
 車の流れを見ていても、自分の1台前の車しか見ていないとしか思えない運転をする奴らは多い。ほんの数台前も見ると大きく変わるのだが。
 1台前しか見ないから、窓を真っ黒にして見えなくすることが、危険な行為だとわからない。

 そういえば、ドアミラーって危険だよね。昔のように前の方にサイドミラーがついていれば、視線をそんなに変えなくても見ることができたが、ドアミラーの場合、前方からの視線を外してミラーの方を向かないと見ることができない。だから、ドアミラーを見ない奴が増える。特に左のミラーは全く見ない奴が多い。ドアミラーの普及は、事故増長につながっていると思う。以前バイクで通勤していた時は、10Km以上全くドアミラーを見ない奴がいた。そいつはバックミラーもほとんど見なかったが。で、ミラーを見ないし目視もせずに、一瞬だけウィンカーを出して曲がる。

 ウィンカーと言えば、一瞬しか出さないバカが多い。それがかっこいいことだと思っているのか?ウィンカーを出さないで曲がる奴は、自分では一瞬出していると思っているのだろう。出さずに曲がるバカと出したつもりのバカ。どちらも同じだ。ウィンカーを出さないのは、どういうつもり?何かがもったいないのか?損をするのか?バカの考えはわからない。


 関西人は、他人を追い抜くことが、他人を出し抜くことが、他人を蹴落とすことが大好き、自分さえ良ければいいのだろう。(もちろん、全てではないと思いたいが、「自分>他人との共生・融和・社会」と思っているとしか思えない。お前は幼稚園児かと。)
 そりゃあ、事故は無くならない。


 関西で、交通事故を確実に減らす方法の1つ。それは、
1.バイクのすり抜けをやめさせる
2.バイクも車も制限速度を守る
 である。たぶん、この2つをなんとかすれば、交通事故は激減するだろう。
 まあ、一番は「交通ルールとマナーを守る」であるが。これでほとんどの事故はなくなるだろう。
 パトカーも白バイも、ただ走っているだけではなくて、目の前の違反を取り締まれよな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック