旧マシンがヤバい?


 最近、旧マシンの調子が悪い。しばしば急に電源が落ちる。
 特に何か処理をしている最中だったし、3月ぐらいは何故か暖かい時もあったりして、熱暴走か?とか思っていたのだが、最近は何事もなく動いていたので、原因を突き詰めてなかった。

 WindowsUpdateで再起動することがあって、BIOSの設定とか再確認してたら、CPU温度が90度を超えていた。
 んん?何でや。それ以外は問題ないのに、CPU温度だけ異常に高い。温度センサーがおかしくなった?
 で、ちょっと CPUパワーを使う処理をしてたら、急に電源が落ちた。
 ありゃりゃ、あれは本当の温度だったんか?
 たぶん、うちの旧マシンは、AthlonXP2800+だったかな?
 温度高すぎ。今までは問題なかったのに。
 もちろん、オーバークロックなんてやってないし、特にCPUファンにも触ってないし、回転数やホコリも変わりなさそう。

 原因不明なので、とりあえず FSB400MHzだったのを 100MHzまで落としたところ、温度はどんどん低くなって、65度ぐらいまでになった。
 まあ、ファイルサーバーなんかのサーバーとしてしか使ってなかったので、速度がある程度落ちたところでそんなに問題は無い。不幸中の幸いだろうか。

 もう数年経つからなあ。寿命かなあ。幸い壊れてはなさそうだけど、この夏は危ないかな?
 マザーボードの関係上、CPU関連の細かい設定はあまりできないので、これ以上遅くはできない。

 メインマシンはまだ当分の間現役だから、今旧マシンが壊れるとつらいなあ。
 でも、その他の周辺機器とかも、ちらほらとおかしい時があったりする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック