Office2010は印刷設定が改良


 これまではここ。

 Adobe Acrobatでは既にそういう感じになっていたのでアレなのだが、Office2010になって、印刷機能が大幅に改良された。

 「ホーム」や「挿入」などのリボンがタブ風になり(内容は同じだが)、「ファイル」メニューの内容もそのタブ列に追加されたという感じ。
 「ファイル」以外のタブは今までのリボンのままなのだが、「ファイル」メニューの場合は、編集画面の代わりにファイルメニューの内容が表示されるので、タブのような感じなのだ。

 その「ファイル」には、保存や印刷があるのだが、その印刷にリアルタイムプレビュー機能が付いた。
 この機能は Adobe Acrobat関連の印刷時にはミニプレビューが表示されるので、感覚的にはあれの大画面バージョンだ。

 僕が一番これになってうれしいのは、選択部分のみ印刷する時だ。今までは、Excel等で選択した部分だけ表示する時に、どんな感じになるのかわからないので、設定とプレビュー画面と編集画面を行ったり来たりしなければいけなかったのだが、Excel2010では、タブで素早く切り替えて確認ややり直しなどができる。かなり作業効率はアップする。

 この機能、実は一番必要なのは Webブラウザーだったりするのだけど、それには付かないんだろうなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Excel2010の保存

    Excerpt:  これまではここ。 Weblog: SDJ Weblog racked: 2010-05-31 11:37