Excel2010の保存


 これまではここ。


1.ファイルの保存での操作が増えた

 まあ、普通に Excelでファイルを作って、Excelで保存して、Excelで開いて、という使い方ならたぶん問題は無いだろう。
 うちでは、CSVファイルを多用する。
 計測器からのデータは CSVファイルなのだが、それを Excelで処理して、途中の計算で Excelでできない処理をするときに一旦 CSVファイルで書き出して、処理した後、また Excelで処理する、という風な使い方をする場合が多い。そのときに、CSVファイルの読み込み、Excelファイルの書き込み、CSVファイルの書き込み、Excelファイルの読み込み、等を行う。
 以前のバージョンまでも、CSVファイルに書き込むときには、保存ダイアログで CSVを選択しなければいけないのが面倒だったのだが、Excelファイルでの書き込み時に、直接メニューで書き込むことができた。Excel2007での保存の種類の選択メニューの編集機能が欲しかったぐらいだ。いつも使う出力形式がメニューにあれば、かなり使い勝手は良くなっただろう。
 それが、Excel2010になって、全て無くなった。
 つまり、出力形式を変更して保存する場合は、必ず選択しなければいけなくなったのだ。
 なんか昔の Excelに逆戻りの仕様である。
 ファイル「タブ」は、リボンでもないようで編集もできない。

 ここは、Excel2007の方がまだマシである。

 サブメニューを付けてくれ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック