大韓航空の払い戻し

 前の話はここ。


 社長が大韓航空で聞いた話。さっき電話が終わったので聞いた。

 発着地が変わった場合、料金の差額が発生する。
 長くなれば高くなるし、短くなれば安くなる。
 支払後に変更した場合、高くなれば追加で支払うし、安くなれば払い戻しを受ける。普通は...

 大韓航空の場合、高くなった場合は追加で支払ってもらう、という話は必ず言うのだが、安くなった場合に払い戻すという話は全くしない。
 で、韓国の代理店の都合のせいで予定が未定の社長は、「関空」か「福岡空港」か、どちらかで変更になる可能性があり、発着「関空」で購入した物の発着のどちらかを「福岡空港」に変更する可能性があったりする。その場合、「関空」よりも「福岡空港」の方がかなり近いので、確実に安くなる。
 その場合の差額を払い戻しできるかどうかを長いこと話していた。

 結論は、なんとか払い戻しを受ける方法がある、ということだった。
 ただ、なんか面倒で、例えば帰りの空港が違っていた場合、払い戻しを受けるということをを乗る前に言っておき、しかも、発券した空港で払い戻しを受けなければいけないらしい。また、全部自己申告しなければ受け付けてもらえないらしい。
 しかも電話や直接など、全て話をしなければできない。

 面倒だ。どう考えても途中であきらめさせるために面倒にしているとしか思えない。

 大韓航空のサイトを調べてみたが、そこら辺の手続き方法は見つけられなかった。

 こんなことが、韓国を貶めているんだよ。国際的に。
 あ、それともあれか?日本に対してのみか?
 韓国関連で嫌な思いをたくさんしているので、もう好意的に見る気は起きない。

 日本の航空会社はどうなんだろうな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック