Android 2.2以降にこだわりたい理由


 とりあえず、以下の機能が追加されるので、そのためには 2.2以降でなければいけない。


1.SDカードへのアプリインストール

 僕的にはこの機能は必須だ。
 今、携帯電話を使っている人でも、iアプリとかを、NとかPなら直接実行はできないけど、SDカードへ移動できる。
 消したくないけど、いつも使うわけではないので邪魔、なんてのは特に。プリインストールアプリとかはその例だ。
 iアプリだと特にそうだけど、マイメニュー登録・解除は月毎だから、解除したけどまた復活させるかも、とかいう場合も SDカードに退避できれば便利だ。
 Fに変えてから、特にそう思う。
 これは、iPhoneでも同じだけど、iPhoneには外部メモリはないからどうしよう無い。ただし、iPhoneの場合は、iTunesの方で内部に保存するアプリを制御はできる。iTunesでアプリやフォルダーを編集できるから、同期のチェックを外して削除すればいい。アプリ自体は iTunesに残っている。ただ、個別データの処理はできない様だから、データを消したくなければ残しておくしかないのが困った点だが。

 後は、アプリが SDカードへの移動を禁止していなければOK。商用アプリとかはバカだから、できない可能性があるけど。


2.テザリング

 実際にできるかどうかはキャリアー次第のこの機能。僕の場合、PC繋いでバリバリと言うより、他の携帯端末の通信も1つにまとめたい、というのが理由だ。それぞれの端末でそれぞれ違うキャリアーでなんてのも面倒だから。
 ただ、どこのキャリアーもダメの様だから、モバイルルーターとかを考えるしかないのかなあ?と思っている。
 どうせ iPhoneなんて、ソフトバンクと言いながら、提供は回線だけで、後のサービスその他はアップルにおんぶでだっこだから、3G回線をソフトバンクで使う意味が薄い。ショートメールぐらい。ショートメール類も、実際にはソフトバンクからしか来ないので、ほとんど Wi-Fiだけで問題が無いのだ。
 というわけで、Android 2.2の載った端末が1台あれば、それで携帯回線は済むかな、と思ったんだけどね。
 まあ、これは希望ではあるが、望み薄いとも思っている。


3.JITコンパイラが高速化など

 まあ、これだけじゃなくて、全体的に高速化されたという話だから、やっぱり高速な方が良いよね、ということで。
 実際いろいろ使っていると、ん?とか、あれ?とか、まあ、いろいろ速かったり遅かったり、でも、速いほうが良いよね。
 同じようなことを速いのと遅いので操作した時に、一度でも速いのを触っていると、もう遅いのには戻れない。
 Xperia触った時は、そんなにもっさりしているとは感じなかったんだけどね。HTCはなんじゃこりゃ?と思ったけど。(当時)
 その後に iPhone4使っているけど、いやあ、感覚が全く違う。この追従感は手放せない。
 だから、Android2.2以降で良くなっているなら、そっちの方が断然良いと。



 まあ、これだけなんだけどね。
 こういう細かいところが、選択の基準になっているのだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック