電子書籍はぼったくりだ。


 初期の頃の電子書籍は、テキストデータだったり、PDFデータだったり、例え暗号化されていても、キーを入れれば複合できてその後はそのまま読める、そういう形式が主流だったのに、いつの間にか著作権保護だとかでコピー不可だったりダウンロードした端末でしか読めなくなったりしている。

 制約がきつすぎて、しかもインターネットに依存していたり、PCや携帯端末に依存していたり、そんな物は書籍を所有したとは言えない。個人の範囲でも自由に使用できないからだ。
 現状の様な「電子書籍」は、書籍を購入するのではなく、「書籍をいつでもレンタルできる権利」を購入するようなものである。
 中には、その端末でしか読めず、移動もできず、他の端末から再ダウンロードもできない、等という消費者をバカにした仕様の書店もある。
 ああ、もう書店じゃないな。レンタル屋だな。

 そんなバカ野郎な制約のある物を、紙の本と同じかほとんど変わらない値段で売ろうなんてバカにするにも程があるよ。
 そんな所有できないような「電子書籍」を同じ値段で買おうと思わない。せいぜい「雑誌」や「安いペーパーバック」みたいなもので、読み捨てする物ぐらいしか買おうと思わない。
 確かに、そんな風に「読み捨て」するような類の本が増えているから、このような商売が考えられるのかもしれないが、そんなもん、紙の本に変わる電子書籍としては方向性が間違っていると思う。
 だって、店が潰れたらもう読めなくなるんだよ。基本的に。今までも良くあったよ。システム変わって読めなくなったり、オーナー変わって読めなくなったり、そんなオンライン書籍は。

 まあね、電子書籍を安くすると、紙の方が売れなくなって、影響は大きいかもしれないけど、そんなもん、影みたいな物を買わされる消費者を全く考えていない。時代の流れについていこうとしていない。今のままで「追加」という形で電子書籍を考えているように思う。出版社は。

 しかし、メリットばっかりうたって、デメリットに関しては誤魔化しているような売り方は詐欺でしかない。
 普通に趣味が読書と言えるような人間には、この所有できないというデメリットはかなり大きいと思うよ。

 僕も初期の頃は電子書籍を買ってたよ。今でも残っている。売っていたところは無くなっても、テキストデータはいつでも読める。ビットマップ画像はいつでも見られる。幸い PDFデータは今でもみられる。
 でも、今の電子書籍は買わない。欲しい物は紙の本でも出ているなら紙の方を買う。1度ぐらいは読んでみても良いかもと思うぐらいの本は電子書籍は高すぎると思うから買わない(紙の方も買わないけど)。
 ある意味、文庫本で出すような感じで電子書籍の値段設定を考えてもらえれば、少しは買う気も出るかもしれない。

 でもねえ、紙の本は、うちの子供も読めるのよ。後何年かしたら。電子書籍はどうだい?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック