GALAXY S II SC-02Cを買う。

 「GALAXY S II SC-02C」(ドコモのサイトはここ)

 とりあえず Androidを試したくて、更にあと2年は持たなければいけないので、機械としてのスペックで GalaxyS2に決定。
 出たばっかりのアーリーアダプター達の評価をインターネットで見ながら、後はドコモのサポートに期待して購入した。

 勿論、携帯電話との2台持ちである。今の携帯電話はまだ2年経っていないし、スマートフォンを電話として使う気が全く無いので、併用という形である。

 Android系の OSの載った端末の購入は初めてなので、何かと比べての詳しいことはわからない。せいぜいドコモショップで触った程度である。
 どちらかというと、iPhone4と比べての話になる。

 現在のところ、液晶保護シートとケースは、ミヤビックスというところの、OverLay Brilliant for GALAXY S II SC-02CPDAIR レザーケース for GALAXY S II SC-02C 横開きタイプを使用している。


 感想など。


・とりあえず、速い様に思う。

 ドコモショップで他の Android端末を触った感じでは、この機械はダントツに速い。いろいろな操作に対する反応は早い。


・ボタンの場所は悪い

 本体側面右側の上の方に電源ボタンが設置されている。
 で、左手で持って右手で操作するのだが、ちょうど左手の人差し指あたりにあったりするのだ。
 本体側面左側には音量ボタンがあるのだが、これがまた左手親指あたりにくる。

 ボタンはボタンで、かなりゆるめになっていて、ちょっと触っただけで反応してしまい、誤操作が頻繁に起こる。
 慣れである程度は改善されると思われるが、iPhone4のボタンは、電源ボタンは上部、音量ボタンは本体側面左側になっているが、どちらのボタンも実際の押下感は若干かため。そのため、軽く持った程度で押されることはなく、誤操作が起こりにくくなっている。
 こういう、UIに関係する部分の違いというか工夫というか、物づくりに対する考え方の違いが大きく出ているように思われる。


・ミュートスイッチは欲しい。

 iPhone4では、音量スイッチが付いていて、音量レベルとは別に、ミュートがスイッチでできるようになっている。
 この別スイッチになっているというのは大きな利点なのである。
 簡単なことだ。いつもの音量はそのままで、必要な時だけ音を消すことができる。
 消音というのは、携帯電話など、常に持ち歩く機械では必須の機能である。
 これが音量レベルの最小が消音になっている場合、音を消したいところではいちいちレベルを下げて消音にして、音を出したいところではいちいち音を上げなければいけない。良い感じの音量に設定していても、再設定だ。
 さらに、アプリも何もかも別々の設定になっているので、一発で全部の音を消すことができない。そういう機能を持ったアプリを使わなければいけないのだ。
 なんのための音量ボタンなのか。
 音量ボタンでマスターボリュームを変更できて、通話やアプリはそれぞれに最適な音量を設定できる、せめてそのぐらいはしてもらわないと、音量ボタンを付ける意味がない。更にちょっと力が入っただけでボタンが効いてしまうので、音を出したくない時に音を出してしまったりする時もある。困ったもんだ。
 ああ、通話中に音量上げ下げしたい時はボタンは必要かな。通話しないから関係ないけど。
 Androidにはマスターボリュームというのは無いのか、ミュートボタンやスイッチという考え方がないのか、それとも GalaxyS2だから無いのか、それはわからない。今度、Androidの開発ドキュメントで調べてみよう。


・「メニュー」「戻る」を間違って押しやすい

 これも指が勝手に当たってしまうという話なんだけど、タッチ入力なもんだから、ちょっと持ち替えたりする時に当たってしまうことが多い。
 普通に使っていても、人差し指や中指で素早くスライドさせている時に、ちょろっと「戻る」に親指が当たってしまったり。
 これは物理ボタンの方が良かったのでは?でも、電源ボタンみたいな軽いボタンの類はダメだけどね。


・「Bamboo Stylus」は使えない。

 この間買った「Bamboo Stylus」だが、GalaxyS2では使い物にならなかった。スライドはまあ仕方がない部分もあるだろうが、ソフトウェアキーボードを押す時もボタンのタッチも、うまくいかない。
 これが、その前に買っていた「モバペン」の方が使えたりするので、GalaxyS2には、モバペンを使用していたりする。


 Androidと SamSungのどちらに起因するかわからないところもあるが、現在のところはこんな感じだ。
 まだ、アプリはどれが僕の要件に合うのかいろいろ試しているところなので、使い勝手は iPhone4と同じまではいっていない。
 とりあえず iPhone4と同レベルのアプリを集めて、話はそれからかな。
 操作は慣れないとな。


・液晶保護シートはこんなもんか

 特に書くような話はないと思う。他と比べられないし。


・ケースはちゃち。

 iPhone4は、CAPDASEというところの、横開きタイプを使っていてそれなりにお気に入りだったのだが、GalaxyS2用は無いようで、ミヤビックスのものを購入。
 iPhone4と違って、背面・側面が平面でないため、形はいまいち。
 また、サイドの押しやすさを考慮してか、サイドの枠がほとんど無いため、型崩れしやすそう。というか、GalaxyS2の形状と合わせて、既に開き気味。携帯電話の保持は十分であるが。
 CAPDASEの物と値段もほとんど変わらないのに、これではちょっともったいないと思う。
 形状として、覆うというよりも挟むという感じなのがダメな原因だろうな。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック