「RockVision 3D」を買ってみた。




 IO-DATAの「RockVision 3D」を買ってみた。メーカーサイトはここ。

 7インチというサイズでの裸眼3Dだということで、試しに。
 値段は微妙な2万円弱。

 まだ、素材づくりまで手が回っていないので、少し使ってみたところの感想である。


・接続は簡単。

 ドライバーをインストールして USBに接続するだけ。USBから給電するので、セルフパワーの USBハブが良いかも。ハブを通して大丈夫かなと思ったけど、問題なかった。iPhoneや GalaxyS2を付けるハブと同じハブなんだけど、問題ない。
 最初、バスパワー状態にしていたら、iPhone繋いでも接続できなくて、電源供給してやったら動いた。PCに直接繋いだ時に不安定になったら、セルフパワーハブに繋いで試してみると良いかも。


・3Dはそれなりに。

 YouTubeや 3D DVDはそれなりに 3Dに見える。nintendo3DSと似たようなもの。
 ただ、HDCPは付いてないので、3D Blu-rayは見えない...USB接続ってこういうもんなのね。
 USBでも HDCPに対応しているディスプレイはあるのかなあ?
 そういや、3Dモード時は、ドット数が半減するので通常のフォント文字はほとんど読めない。太い字幕でないと読めないと思われる。


・2Dもドット数なりにそれなりに見える。


・見る位置はピンポイント

 まあ、これは人によってどう感じるかもあるのかもしれないけど、これも nintendo3DSと同じで、良い感じに見えるポイントはかなり狭かった。というか、顔を動かしてはダメ。僕はこれ以上脳内補正はできない。


・2D -> 3D変換はわからない。

 どこがどう 3Dになったのかわからない。
 変換しやすい被写体とかがあるんだろうな。



 現在は、素材を綺麗に作ることができる、俗に言う 3Dカメラがないので、素材を作ることができない。勿論、擬似ではなく本当の 3D動画という意味。nintendo3DSの対応待ちか!?

 買う前に調べとけという感じの、3D Blu-ray非対応。残念。手元には2本の 3D映画が...将来のために2D/3Dどちらも入っている映画を買ってたんだけど見られない。
 あと、HDCPに対応していないから、普段使っている DVDプレーヤーソフトは使えなかった。対応してませんとかなんとかエラーが出た。古いモニター使っている時に出るあのメッセージだ。添付のソフトは使える。試してないけど、DVDが全部見られるのかな?ダメな DVDは無いのかなあ?手持ちのでチェックしてみないと。

 サブディスプレイとしては、こんなもんか。それなりに綺麗に見ることができるので良いかも。
 USB接続でこのぐらいのレベルで見られるのかと驚いている。もっとドット数が少ないものしかダメなんじゃないかと思っていたから。最近出ている、HDの USBモニターなんて、無茶じゃないのかと思っていたのだけど、サブディスプレイとしては良いかもね。

 まあ、僕は2万円は高く感じる。見られる素材が少なすぎるという点で。ああ、これは 3Dテレビを買っても同じだったんだろうなあ。あっちは 3D Blu-rayが見られるだろうが。
 これが1万5千円だったら、試してみるには良いかもね、とお薦めできる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック