WindowsXPで WindowsUpdateがうまくいかない場合の1つ

 何度か忘れたのでメモ。

 WindowsXPで WindowsUpdate(MicrosoftUpdate)で、「更新ソフトウェアを確認」と「インストール」が繰り返して次へいかない場合、インターネットオプションの詳細設定で「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする」のチェックを外すとうまくいく。

 マイクロソフトよ、あかんだろ、これは。


追記:
 いろいろ試していた時、WindowsUpdateのオブジェクトを削除してたらそのインストールで躓いたりしていたので、一旦プラグインを無効にして WindowsUpdateサイトでエラーを出した後、有効に戻してやり直したらうまくいったりする時もある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック