BIGLOBE WiMAXの解約で思うこと。

 2013.4.5の今日、2年間使用した BIGLOBE WiMAXを解約した。

 最初の頃は解約しようとは思っていなかったのだが、

・田舎の方(但し高速道路上)に行くと全く繋がらない。
・回線は UQ WiMAXだと思われるが、新幹線では使えない。
・うちの室内ではほぼ使えない。
・建物によっては入ると全く使えない。
・8時間も保たない。
・電波状況が良ければ速いが、ドコモの Xiの方が速い場合がある。
・ドコモのサービスが、携帯電話回線でしか使えない物が多い。(今後は変わるのか?)

 等の理由により、解約に至った。

 メリットも多いんですけどね。例えば、

・固定料金
・電波の良いところでは携帯電話回線の倍以上の速度
・ルーター使用で所持している全ての携帯端末で使用できる(但し個数上限はある。8個とか。)
・今の携帯端末はネットワーク自動切り替えなので、外に出る時にルーター付けておけば、何も考えなくてもそのまま使用できる。

 など。
 でも、僕にとってはデメリットの方が重要だったんですよ。


 で、解約時の条件として、

・1年契約の場合は、更新月以外は違約金を払う。(まあ、これは良い)
・解約しても料金の日割りはしない。(まあ、これ自体はまだ良い)
・解約の申し込みをした瞬間に使えなくなる。(これが問題)

 解約月の支払いの日割りはしないのに、いつ解約しても、解約した瞬間に使えなくなるのはおかしくないか?
 どうせ、使い方としては、月末に解約すれば良い、とか言うのだろうが、それが良心的な会社のやることだとは思えない。
 良心的な会社なら、月末まで有効で、次の月になった瞬間に使えなくなる、そういう解約予約形式を採用するだろう。
 それが、BIGLOBEのせいなのか、UQのせいなのかは調べるのが面倒だから知らない。どちらにしろ、窓口は BIGLOBEなのだから、それは BIGLOBEの良心の問題なんだよ。


 そういえば、どっかの携帯電話会社も似たような感じだったな。サービスを解約する度に何かしら損をする、というより、そっちが得してるやん、という感じ。


 こういう関係のサービスの提供なんて、日付や時間の区切りで自由自在なのに、そうしていないということは、そういう意図を持ってやっているということだから、そこに良心が見えないのは会社の方針なんだろうなということだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック