勢いで Windows8に。

 Windows8.1の影が見えてきたところで、色々アプリケーションソフトを入れてから変更するのも色々問題起こったら嫌なので、何もないうちに Windows8に変更した。

 まあ、何が何って、スタートメニューが無いのが、あんなに不便だとは思わなかった。
 フラットな状態でアプリケーションランチャーがあっても使えない。
 普段は不必要だけど、たまには使う、そんなアプリが大多数だと思うのだが、そういう場合でもインストールはしておくので、たくさんのアプリが入った状態では、どこに何があるのかがさっぱりわからない。特に今まで機能が色々あってスタートメニューに登録されるショートカットがたくさんあるアプリは。
 スタートメニューは整理されてて良かったよな。
 スタートメニューが出た最初の頃は、マイクロソフトもそうだけど、トップディレクトリにバコバコショートカットを追加してスタートメニューを汚していくアプリも多かったが、今はそれぞれ自分のフォルダーを作ってショートカットは整理されている。

 ドラスティックに変わりすぎ。
 最初のフラットなのは、タダのシェルでええやん。今までのデスクトップ画面も簡素にする必要ないやん。
 確かに、ユーザーインターフェースは慣れの問題が大きいが、好き嫌いがあるのだから、変更することがシステムにとって大きな問題にならなければ、ユーザーが自由に選べるべきだと思うんだけどねえ。
 専用アプリじゃないんだから。

 使いづらすぎて、ほんま Windows8.1待ちだよ。
 今までのユーザーは、Windows8.1が出てから変更した方が良いと思う。
 あ、勿論、インターネットブラウズとメールぐらいしかしないのだったら、あれはあれでアリかもしれない。
 タブレットも、たくさんアプリ入れてくるとホーム画面もアプリ管理画面もわけがわからなくなってくるのと同じだ。iPhone/iPadはどうしようもなくて、結構困るけど、Androidはホームアプリで変更できて助かるよね。iPhone/iPadは、PC+iTunesが無ければデータ多すぎて管理できない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック