Kindle Fire HDX 7を買った

 先日、Kindle Fire HDX 7 (64GB)を買った。今まで使用していた edenTABとのリプレース用。



Kindle Fire HDX 7 64GB タブレット
Amazon
2013-11-28


Amazonアソシエイト by Kindle Fire HDX 7 64GB タブレット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 Google Nexus 7と最後まで迷ったのだが、使用用途を考え、Kindleの方を購入。
 今まで使用していた edenTABは microSDXC 64GBを入れていて、参照するデータ満載だったので、32GBしかない Nexus7は選択肢から外れた。

 基本的に、edenTABと比べての感想となる。また、場合によっては SonyTabletSと比べるかも。
 思いついたことを順不同で。


・軽い、とても軽い。

 全体的にプラスチッキ-なのだが、小さく軽い。edenTABと画面の縦横比は同じのはずなのだが、edenTABの方が細長い。Kindleは短い方は同じぐらいなのだが、長い方が edenTABよりも短いので、全体として一回り小さく感じる。
 読書には良い感じだと思う。但し、やはり素の状態では持ちづらいので、edenTABに付けていたバンカーリングを外して付けた。良い感じ。軽いので、リングからの負担も edenTABより少ない。実際には何十グラムしか違わない様なのだが、かなりの違いを感じる。Nexus7はもっと軽いらしいね。
 本体が樹脂製なので、チープなのかというと、黒いマット加工みたいなサラッとした感じで、良い感じの仕上がり。
 形自体は裏側が面取りの様になっているので、若干鋭角な感じがする。




 僕が持っているのはこれだけど、今は新しいのが出ている。Bunker Ring 3で検索すると良い。


・外部記憶はない。

 Nexusと同様、SDカードスロットは無い。USBで接続するとどうなるかは未検証。


・Google Playが使えないのはやっぱり不便。

 Google Playへのアクセス自体が拒否される。アクセスしようと考えるなら rootを取るしかない様だ。とりあえず保証期間中もしくは元を取ったと感じるまでは素の状態で使おうと思っているので、Google Playは我慢するしか無い。
 apkファイルをインストールすることはできるので、Google Playで認証が必要なもの以外は、インストールできるものもある。Amazonアプリストアに無いものは、別の端末でインストールして apkファイルを手に入れてからインストールすることにする。


・ATOK Passportが...

 ATOK Passportを使っているのだが、Amazonには ATOKしか無かったので、ジャストシステムに要望として問い合わせしてみたところ、Amazonには無いので、root化して Googleからダウンロードしてくださいと言われた。驚いたよ。root化を薦められるなんて。
 まあ、とりあえず保証期間内は root化する予定は無いので、apkを使ってインストール。使える様になった。
 Amazonの推奨する使い方ではないと思うが、入力は ATOKの方が明らかに優秀なので。

 apkを使うと、今後のアップデートも全部手動になるのが面倒だね。


・動作は軽い。

 今までの端末のどれよりも最新の高速CPUなので、全体的な比較対象にはならないが、どの端末よりも高速。何をしても軽い。
 SH-02Eとは環境も違うので直接比べられないが、SH-02Eを触った時と同じぐらい速い。もたつきが無い。
 よく使うビューアーもきびきび動作する。
 圧縮書庫などの展開も速い。
 CPUの高速化の恩恵も十分受けられていると思う。


・それなりに綺麗な画面。

 edenTABに比べ、ドット数が増えた分、大きな画像は綺麗に、小さい画像はそのまま、という感じ。edenTABも 1280×800という事で、悪くはないのだが、1920×1200だと、画像が縮小されずに表示される場合が多くなるので、そういう場合はくっきりと見える。縮小画像との違いだ。
 ただ、ぴったりの大きさではない場合、ビューアーの拡大縮小方法によるので、見た目変わらないものも多々ある。
 ものによっては、購入したのに元々画質が悪かったんだなというものもあり、思ったよりもはっきりした違いはわからない。
 なお、各所で言われている画面端の青みは確かにあるが、僕には気にならない程度であった。



 一応、使うアプリは Amazonアプリストアでもチェックしておいたのだが、認証の違いからか、アプリそのもののバージョンや仕様が違うものもあったのは調査不足だった。
 Google Playが使えなくなり、かなり Googleに依存した環境だったのだと気が付いた。
 しかし、Google Playへの認証アクセスそのものができない仕様だったとは。apkでインストールしても認証が必要な有料アプリは使えませんでした。

 Kindle Fire HDX 7は、Amazon漬けの人には問題ないんだろうね。後は、root化しちゃう人。
 僕は Amazon漬けじゃないけど、それなりに Amazonは使っているし、edenTABはほとんどビューアー状態だったので、Kindleになっても大きな変わりはない。
 現在、それなりに満足している。
 あ、そうそう、1つの不満はやっぱり SDカードが使えないって事やね。最初 edenTABの SDカードに入れているデータを全部コピーしたら、アプリも入れられん様になっちゃったよ。データを少し削除した。内蔵ストレージしか無い(内蔵SDカードも無し)ので、64GBといったら 64GBで終わり。これ、16GBや 32GBは僕には最初からダメで良かったな、と思った。Nexus7はやっぱり僕の用途には合わなかった。汎用機なら Nexus7の方が良かったけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック