ぽすれんの消費税


 公私ともに忙しく、定期的にレンタルしなくなっていたので気が付かなかったのだが、ぽすれんの消費税の計算って四捨五入なんだね。前からそうだったのか、最近そうなったのかは調べてないのでわからない。昔のメールとかを探せばわかるかもしれないが、基本的に月額レンタルしか使ってなかったのでわからない。

 まあ、消費税の端数計算の方法は特に決まった物がないはずなので、お店などではサービスとして切り捨てですよと、昔は言ってたよね。
 で、四捨五入にしているところを初めて見たよ。

 まあそれは良い。法律では決まってないはずだから。

 かなりショックだったのは、複数枚のスポットレンタルをしたのだが、1枚1枚別々に消費税を計算して合計を計算しているところ。
 何がショックって、切り捨てなら、基本的に合計が増えることはないが、四捨五入だと違う。
 ぽすれんの場合、新作・準新作・旧作と金額が違い、旧作は95円だ。
 で、95×1.08=102.6円となる。ぽすれんはここで103円となる。
 つまり、5枚借りると、「小計+消費税」なら95×5=475、475×1.08=513円となるところ、ぽすれんの場合、103×5=515円となる。(今回の送料は290円(税別)だから、端数処理後は同じになるので、特に計算には入れない。)
 まあ、元々は消費税5%の時点で料金を考えたのだろうから、新作360円、準新作230円、旧作95円となり、準新作と旧作は四捨五入により増え、旧作は100円となるように計算していたのだろう。

 あ、もしかして、ゲオと一緒になった時に色々変わったのか?
 何か損した気分。
 でも、1枚103円は他にはないんだよね。
 DISCASは新作も旧作も値段かわらんし、DMMは新作が考えられないぐらい高いし。(DMMはもう収益の主軸が違うんだろうな)

 しかし、ちりも積もれば山となる。
 人間的・倫理的にどうかということは別にして、こういう小技を使う奴がおると言うことで。
 うちの子も驚いていたよ。スーパーとかでの消費税の加算方法しか見たことなかったから、気分的に納得できなさそうだった。(今回は子供にレンタル頼まれたので子供がお金を払う)
 というわけで、消費税の処理の方法はこんな事もあるんだと言うことで。

 蛇足。
 そういや、以前販売管理システムを作った時に、そのシステムを使っているお客さんから、「客から、請求書に1つ1つ消費税込みの値段を付けて、合計は消費税別で合計してから消費税を付けた金額にしてくれ、と言われた」と言われた時があって、「それ、合計を計算したら違いがでますよ」と言うと、「それでもそうしてくれ」と言われたのでそうしたら、「客から合計値が違うって言われた」と言われたので、その当たり前を理解してもらうのが大変だった。理解していなかったのに驚いた。算数を普段の生活に必要ないとか言って勉強してなかったらそうなるんだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック