win8とwin7のNTFSは違う。

 忘れないようにメモ。

 Windows 8.1 と Windows 7を使っているが、NTFSがバージョンアップされていて互換性が無い。
 で、Windows 8.1は、起動時に新バージョンに変更して、終了時に旧バージョンに戻す、という機能があるらしいのだが、それは「高速スタートアップ」を使っていない場合だけで、使っていると新バージョンのまま終了してしまい、Windows 7からアクセスすると、ファイル構造が壊れたように見える。ここで chkdskなんてすると壊れてしまう。
 そして、その壊れた状態で、Windows 8.1からアクセスすると、壊れて見えるので、そこで chkdskか何かしてしまうと、もっと壊れてしまう、という悪循環になる。

 僕はこれを知らなくて、少しファイルを壊してしまいました。

 一応、避ける方法があって、

1.Windows 8.1の「高速スタートアップ」機能を切る。
 詳しくはインターネット上に色々資料があるので見てください。マイクロソフトにも話があったように思います。

2.NTFSのバージョンアップをしないようにする。
 Windows 8.1のレジストリを変更して、新しい NTFSに変換しないようにします。これも調べると色々わかるでしょう。
----
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem]
"NtfsDisableLfsUpgrade"=dword:00000001
----
 例えば、上記の内容を Unicodeで .regで保存してダブルクリックすれば、アップデートされないようになります。

 NTFSのバージョンの調べ方とか、各種情報はインターネットに散らばってありますので、色々調べてください。OS/NTFS関連のコマンドはマイクロソフトから探すとまともな情報が色々あります。

 chkdsk後の修復ファイル・フォルダーを見て、実際のファイルと照らし合わせて大体の壊れたファイルは復活したのだが、不明なファイルもいくつかあって、どこまで壊れたか不安なところ。
 なお、外付けは「安全な取り外し」をすれば大丈夫なようだ。でも、Windows 8.1にしてから「安全な取り外し」がことごとく失敗するのが困りもの。

 次からは、真っ先に設定やね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック