CO2モニター 3R-COTH01を買った。

2021.5.28

 メーカーサイトはここ。

 買ったのはここ。

 巷では CO2モニターも色々で始めているので、うちでも購入。家で使う。家は普通の一軒屋で特に何もない。

 Amazonで探すと、どう見ても同じものがメーカー名違いでたくさん販売している。元のを作ったのがどこかはわからない。


1.表示が明るすぎる?

 モニターが明るくて綺麗なのだが、明るすぎて電池の減りが早いのでは?と思うぐらい。電池は満充電で公称9時間と書いてある通り、あっさり切れる。夕方電源入力を外しておくと、朝は切れている。これ、表示がもっと暗かったり外の明るさに合わせて明るさが変化すればもっともつのでは?
 なので、電源は差しっぱなしになる。


2.自動校正?

 濃度測定範囲が 400~5000ppmということで、手動校正時は 400で校正していると思われる。手動校正は、風通しの良いベランダの様な外で行うとマシな気がする。
 ただ、電源を入れっぱなしにすると、24時間で自動校正を行う様になっている様だが、その場で自動校正するから、その場を400基準で校正してない?とか心配になる。その場の自動校正は何基準で校正しているのだろうか?
 電源入れっぱなしだと勝手に校正されるし、電源抜いておくと充電池がもたないし、こまめに電源OFFにせなあかんのか?常時チェックしたいのに意味ねー。


3.見ていると面白い。

 本当に正しいかどうかなんてわからない。
 見ていると、ダイナミックに上下するので面白い。部屋に人が増えていくと数値が上がる速度が上がる。換気扇を点けると、みるみるうちに下がる。換気扇を点けたとき、ええ感じの場所の窓を少し開けると、更に早く下がる。換気扇を止めると、また上がり出す。
 本当にCO2センサーなのかはわからないが、それっぽい動きではある。


 自動校正しているときに風通しの良いところに置いていることなど考えられないので、毎日手動校正するか、夜や人がいないときにこまめに電源切るかしないといけないな、と思う。

 今回は分解していないが、多分、巷の安いCO2モニターで見たことも聞いたこともないメーカーの奴は中身のコア部分は一緒なんだろうな。センサーとコントローラーとUIだと思うので、UI部分はもしかするとオリジナリティがあるかも知れない。ぱっと見は違っても中身は一緒、なんてのはよくあることなので。売っているところによっても価格の差は大きいが。高いから良いというわけでもないし、正しいというわけでもないのが難しいところだが、あまりにも安いのは怪しいとしか思えない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント